• セット
  • ミニフィグ関連アイテム
  • パーツ
    カテゴリ別 カラー別 オプション

項目はすべて選んで下さい
パーツの見方
パーツの探し方
会員限定商品
ITEM CATEGORY セット
ミニフィグ関連アイテム
パーツ
説明書

レゴブロックとは

ブリッカーズは、日本ではブロック玩具でおなじみの「LEGO(レゴ)」の販売を通じて皆様の想像力アップやコミュニケーション作りに少しでもお手伝いできればと想いスタートしました。

LEGO(レゴ)って何?

・LEGOの歴史
1916年デンマークのビルンドという小さな町の工房から始まりました。
創業者の「オーレ・キアク・クリスチャンセン」は元々は大工でしたが、1932年の世界的な大恐慌のあおりを受けて工房が閉鎖の危機に追い込まれると、 大工の腕を生かして、子供たちのためにさまざまな木製玩具を作り始めたのが、玩具メーカー「LEGO」の始まりです。

そして、1947年にイギリス製のプラスチック射出成型機を導入し、1949年にレゴブロックの前身である「オートマ ビンディング ブロック」が誕生し、 1951年にはレゴ社が製造する玩具の半数がプラスチック製となる。
そして創業者の息子「ゴッドフレッド・キアク・クリスチャンセン」により、「遊びのシステム」の着想から、 1955年に「タウンプラン」の発売から「遊びのシステム」がスタートし現在に至っております。

現在では多種多様な色や形のブロックがあり、組み合わせ次第では無限のパターンがあると言っても過言ではありません。
また、ライトやモーターと言った装置やカメラなどの部品があり、他のレゴブロックと組み合わせる事も可能です。

ブロックパーツ単体だけでは無く、レゴブロックには数多くのシリーズがあり、 中世のお城から宇宙など豊富なテーマや、スター・ウォーズ、スパイダーマン等、 有名な映画作品とコラボレーションしたシリーズなども販売しています。
その膨大なシリーズから自分の好きなシリーズを選び、自分好みに組み立て、 再現出来るなど楽しみ方も豊富で、今では子供から大人まで幅広い年齢層から最も親しまれているおもちゃと言っても過言ではありません。

レゴ社の商品開発10ルール

・遊びに無限の可能性
・女の子にも、男の子にも
・どの年齢の子供も夢中になる
・一年中遊べる
・健康的で静かに遊べる
・飽きがこない遊び
・想像力と創造力を伸ばす
・使うほどに遊びの価値が増す
・常に現代的
・安全で高品質

レゴブロックのうんちく

子供の憧れになれても、決して女の子にモテるうんちくではないのですが・・・

・レゴブロックは世界共通で、更にどの年代のブロックでもぴったりはまる。
・1958年1月28日午後1時58分、レゴ社はレゴブロック製造の特許を出願。
・1963年以来、傷がつきにくく噛んでも壊れにくいABS(アクリルニトリル ブタジェン スチレン)樹脂を原料に製造されている。
・完成品の検査員がブロックの形や色をチェック。検査ではじかれるのは100万個のうち平均18個。
・毎年190億個のブロックが製造される。1分間換算すると36000個。
・2x4ポッチのブロック6個の組み合わせは9億1510万3765通り。
・レゴブロックには、2400種類の形がある。
・レゴブロックは2008年に誕生50周年を迎えた。
・400億個のレゴブロックを積み重ねると月に届く。
・世界中にあるレゴブロックの数は、1人当たり62個。

これだけ覚えたら今日からあなたも知識だけレゴビルダーです。
腕のほうは、ブロックを作っては壊し、作っては壊しを繰り返していると自然にパーツの個性が身につくと思いますよ。